スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールラビを使ったあんかけスパゲッティ

職場で「ん~こりゃウリだな」と思ってスライスして干しておいたら、ものの見事に冬瓜だってことに気付いた後ろの6時ですおはようございます(挨拶




さむいときは焚き火に限りますね。
それも山1こ燃やしちゃうぐらいスケールのでかい男になりたいっ!!
とは思ってもまだ放火犯にはなりたくないのでしばらくはケツの穴の小さい男でいいです(´・ω・`)

さて今回は・・・・




おそらく日本国内で74人ぐらいしか作ってないんではなかろうかってくらいに
超マイナーな野菜が獲れました。
その名は「コールラビ」。

【コールラビ(学名:Brassica oleracea var. gongylodes、英名:Kohlrabi)】

アブラナ科の越年草。球状に肥大した茎部を食用とする。語源はドイツ語で、キャベツの意味のkohlとカブ B. rapaの意味のrabiより。和名はカブカンラン(蕪甘藍)、カブタマナ(蕪玉菜)。いずれも Kohlrabi の直訳である(甘藍、玉菜=キャベツ)。

ヤセイカンラン(B. oleracea)は、コールラビやキャベツなどの野生種であり、そこから茎の肥大性に着目した人為的な選抜により作られた。

ブログの盟友であるお隣滋賀県在住のゆたかマンさんが作っている記事を見て
よっしゃうちでも作ったろうと思って、わざわざ近江八幡まで種買いに行ったわけです。




この食べる部分は、じつは「茎」でして、誰もが思う(思わない?)とおり、
キャベツの芯みたいなもんだと思っていただければちょっぴり幸いです。

で、どう料理につかえばいいもんかサッパリわかんにゃいので、
とりあえずあんかけスパゲッティにブチ込んでみましたb




なんか手榴弾みたいだな~と思うのは僕だけでしょうか(爆)

後ろの6時的あんかけスパゲッティ@名古屋味





まず、皮むいてみます。
中身はフツーのうすい緑色なのね。
匂いを少しかいでみます。

めっちゃキャベツの匂いです(笑)




使う材料は写真のとおり。
・スーパーで最安値だったイタリア産スパゲッティ(1.7mm)
・コールラビを短冊切りして軽く茹でたもの
・タマネギ(細切り)
・ベーコン(適当な大きさ)




そこへベーコンの匂いにつられてやってきました。

パターン灰色!! ちび太です Σ(゚Д゚)

こちらのわずかなスキを狙って、ベーコンを奪取しようと目論んでいるようなので、
ベーコンの脂身を1ミリぐらいあげてつまみ出しました(爆)




え~っと、
とりあえずフライパンに具を全部ブチ込み、炒めます。
コールラビはもう火が通っているしベーコンもかるくでいいので、
タマネギが炒まったらもうOK。

ここで注意することは、

窓の外で「ンナァァァァ」とやる気の無い声で鳴くネコは無視することb




味付けは至ってシンプルに。
水を適量入れて、ケチャップを適当に入れて、塩コショウと醤油で微妙にソレっぽくします。

それっぽいぐらいがちょうどいいのです。
ってゆうかちゃんとした味付け知りません。




スパゲッティは袋に書いてある時間茹でて、本当は少し硬いぐらいがいいらしいんですが、
うちは歯がない人がようけおりますので、袋の時間より2分ほど長く茹でました。

茹で上がったら皿に移し、うえから「あん」をドバーっとかければ完了。


で、お味はですね。

いちおう名古屋っぽかったです(´・ω・`)

ちゃんとちび太&いちにもあげましたよ(`・ω・´)シャキーン


 

★にほんブログ村ランキングに参加しています★よろしければ↓をクリックお願いします★
 【花ブログ】花と園芸のマメ知識【地域情報】伊賀情報【企業ブログ】農林水産業
プロフィール

後ろの6時

Author:後ろの6時

WEATHERNEWS
Twitter @ushirono6ji
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。