スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木酢液、竹酢液を考える@久々にまじめ

さいきん、地元の農業屋で竹酢液(ちくさくえき)を買いました。

目的は、多肉植物、桜などの防虫です。

 

  竹酢液

   竹酢液(ちくさくえき)とは、竹を蒸し焼きにして炭化するときに煙突から出る排気ガスを

   採取し、それを冷却することで液化させ収集したもの。木酢液の類型のひとつである。

                                            出典:Wikipedia

 

かんたんにいうと、竹炭をつくるときの煙を液体にしたもの、ですかね。

チョーかんたんですみません(笑)

ま、一般には、

 

・植物を元気にする(活力剤)

・発酵促進

・生ごみの脱臭

・色んな物の脱臭

・虫除け

・防カビ

・入浴剤

・犬猫の忌避剤

 

とまぁ、こんな感じの用途で使ってねって書いてあります。

どの商品もだいたい同じようなことが書いてありますね。

 

で、なんで今回わざわざこんな記事を書いたかというと、

竹酢液(木酢液)には、人体に有害な物質も含まれているってことと、

その有害物質が、かならずしも悪いわけじゃないのよってことを

わからないなりに書いてみたくなったっていう、わけわかんない記事なんです(笑)

 

えっと、有機無農薬農産物とかに凝っている方はぜひ知っておいていただきたこと

だったりしますので、文才ナシ、脳みそプルンな文章ですが、ぜひ読んでください。

 

さて、農業屋で買った竹酢液は↓これです。

純国産品 竹酢 1.5L(農業屋オンラインショップ) ¥698

いままで木酢液とか竹酢液なんて買ったこともないし、

興味も持ったことなかったので、値段が妥当かどうかはしりませんw

ま、フツー希釈してつかうので、1.5リットルもあれば1年は使えるなと。

で、リンク先を見てもらえれば、どんな色の液体かはわかっていただけます。

茶色い液体ですね。薄くもなし、濃くもなし。

今朝、これを200倍に希釈したものを、多肉植物にスプレーヤーでかけました。

なんか「植物にはけっこう多めにかけちゃってもいいよ」的なことが書いてあった

ような気がするけども、最初の最初なので、少なめにかけてみました。

効果・・・・・・・・すぐ分かるわけなしw

原液は、めっちゃ古い家の匂いです。

燻した匂いですね。

これを臭いととるか、あぁ燻香だなととるかは人によってまちまちだと思います。

僕はやや臭いけどもけっこうクセになる匂い、ですかね。

含有有害物質

さて、問題は、この木酢液、竹酢液には人体に有害な物質も含まれている

ってことなんです。

それは、ホルムアルデヒドとかベンゾピレンとかです。

ホルムアルデヒドは有名ですね。

僕は住宅メーカーに職していたこともあり、シックハウス症候群などの

問題についても学ぶ機会があったのですが、ホルムアルデヒドは

超危険な物質です。

とあるサイトの超説明文によると、国際ガン研究機関でもっとも発ガン性の

高いカテゴリーに分類されているのだとか。

えぇーー!?そんな危ないモン入ってるんならダメダメじゃんっ!!

と思いますよね。

が、実は、その有害な物質が虫除けなどの効果をもたらしているのも

事実なんです。

人間に危ないものは虫にも危ない。

そんな単純式では割り切れない事情があるとは思いますが、

そういう事実があるというのも事実(ややこしい)。

安全な木酢液、竹酢液

でも、木酢液、竹酢液って、入浴剤に使ってOKとか、

飲んでもOKって書いてある商品もあります。

中には「飲むと喉痛が治る」とか「便秘が治る」などと記述している

ネットショップもチョコチョコみかけました(薬事法にふれるかも・・・)。

ま、それは極端な例ですが、肌に触れたり体内に入れてもいいの!?

って思いますよね?

僕も思います。発ガン性物質の入った湯に10分とか20分浸かる・・・。

ちょっと怖く思うのも確か。

しかぁし!それらの記述がある商品は、さらに蒸留して有害物質を

完全に除去してあるから大丈夫なのです。 By色んなショップの記述

僕が買った竹酢液よりも色が薄く、すごく澄んだ色をしています。

ん、じゃあ大丈夫なんだね。

効果物質を除去して効果あり?

えっと、なんか読みにくい文章ですいませんすいませんすいm(ry

上述の高精製竹酢液なら人体に有害な物質は入っていないということでした。

なら安心だよね♪めでたしめでたし^^

では終わりません。

とあるショップの説明文に、信頼できる機関で成分分析した証明書がありました。

「有害物質が検出されませんでした」的なものです。

おぉ、それじゃぁ本当に有害物質は全部除去されたのね!

と勘違いしてしまいますが、実は検出されず=ゼロではないんです。

検出限界という数値が設定されてまして、その数値は0.05ppmです。

ppmは百万分の一パーセントって意味でいいと思います。

つまり、0.05ppm以上は含まれてませんよって意味なんですね。

だいたいの有害物質は、たしか0.01ppmが基準値だったはず。

ってことは、0.049ppmなか検出されません。

でも基準値の5倍入ってる。

あら、なんか雲行きが怪しいですな・・・。

ここで一つ断っておかないといけないのは、木酢液、竹酢液は商品によって

成分の含有量がバラバラで、国の基準とかがないってことです。

ものによっては何百ppmっていうものもあるらしいですし、

一概に「木酢液、竹酢液は危ない」と言い切れないです。

でも、中には「飲むなんてとんでもない!」ってレベルのものもあるでしょうね。

やっとまとめです(笑)

2度の蒸留を経て有害物質(多分ホルムアルデヒドとか)を除去した竹酢液。

ものすごく透明度が高く、高いレベルで精製されているように見えます。

事実そうなのでしょう。すごく値段も高いですし。

問題なのは、虫除けにも効果アリと書かれているのに、その虫除け効果を

もたらすはずの有害物質が除去されている・・・。あれ?

なんかおかしい記述じゃない?

でも、もしかしたら他にも虫除け効果のある有害じゃない

物質が含まれているのかも・・・。

確たることは言えませんが、木酢液、竹酢液を使われる方、

ご自分でいろいろと調べてみることをお勧めします。

商品ラベルの説明文やネットショップの説明文だけでなく、

ちょっとでも疑問に思ったら調べてみればええです。

そしたら何かわかるかも^^

このブログ記事は、木酢液、竹酢液を販売する業者様を故意に乏しめるものではありません。むしろ、正しい知識を得て正しい使い方をすることで、良い効果が期待できることを推奨する思いで書いております。万が一、業者様で不快に感じられる方がいらっしゃいましたら、素人の戯言と思い、一笑に付してくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 ←よろしければクリックお願いします( ´ー`)ノ

スポンサーサイト

Comment

竹酢液 こわいもの見たさで

ちょっと飲んでみたいかも・・・(;一_一)

有害物質除去してあったら 確かに虫さんには効かないよーな気がしますね?

ちょっと矛盾(?_?)

脳みそが・・・ついていけません! ボンっ!

あ、いつの間にか新記事が(´・ω・`)mixiリンクしてないのね。ソウカソウカ


お酢に唐辛子漬けたやつでいくない?ヾ(*´∀`)ノ"
ある意味危険だけどw

>ゆたかマンさん
匂いかいだらわかりますけど、アレ飲むのはだいぶ勇気がいりますw
あの燻し臭さが効くのだと思うんですけどね・・・。

>ヨシモトさん
あ、mixiのリンクかえてないなー(笑)
今からかえときますw

それでもぜんぜん効くと思うよ。
お酢の強酸性とカプサイシンの忌避効果^^
非公開コメント

プロフィール

後ろの6時

Author:後ろの6時

WEATHERNEWS
Twitter @ushirono6ji
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。