スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水田環境鑑定士になりました

水田環境鑑定士講習も2日目で講習が終わり、本日は試験&鑑定実習でした。

きょうは開始時間がいつもより1時間早いので、眠い目をこすりながら会場へ。

あ、1人時間間違えて来てない!!Σ(゚Д゚;エーッ!

試験は・・・・・・

厳しいものでしたorz

試験が終わると実習をする田んぼへ移動します。

長靴履いて、帽子かぶって、準備ヨシ!!

現場では地元の農業小学校のチビッコたちと合流、

なんとも珍しい古代米の田んぼで実習開始です。




最近需要が増えてきているという古代米。この講習で知り合った社長さんの言葉ですが、

1俵(60kg)●万円で買いますよ!

まぢですかいな・・・・。うちのコシヒカリ、全部古代米に変えよかなブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )




チビッコたちはパワーありますね。

「ここにヤゴ(トンボの幼虫)2匹いたもんねー!!」

「オレなんか1回で3匹とったもんね!!」

「オレ、オレ、えっと、オレな、さっきなんか1回で4匹とったもんねーー!!

微笑ましい自慢合戦の間にも、凄まじいスピードで水棲生物を捕獲していきます(笑)

ヤゴ、チビッコに1匹わけてもらいました(笑)

約30分間で、すんごい量の水棲生物が集まりました(あとで全部放流します)。

さて、ここからは近くの建物で同定作業(生物の種類を確定させる作業)とチビッコへの生物授業です。

授業の先生は・・・・・・




大阪産業大学の名物先生、谷幸三教授ですヽ(´ー`)ノワァイ♪

すごいんですよ、この先生。

何がすごいって、

声がデカい!

体張ったギャグ満載!

ちょっとエロい!(爆)

授業が面白い!!(^-^

生物環境学では日本で紛れもなくトップの先生で、水棲生物だけでなく、様々な動植物の大家でもあります。

授業の内容はデジカメの動画で撮ってあるんですが、色々と問題ありそうなので載せません(爆)

どうしてもご覧になりたい方は、大阪産業大学で学んでくださいね(* ^ー゚)

さて、実習も終わり、結果は・・・・・




( ´ー`;)フゥー...なんとか合格しました。

認定証が届けば晴れて水田環境鑑定士です。

今回、十数名の新しい水田環境鑑定士が誕生したわけですが、まだ全国的には

300名にも満たない数しかいません。





ちなみに水田環境鑑定士って何じゃいなというと、

同じ水源の田んぼを一つの集まりとして、その田んぼと水路の環境と水質を調査することにより、

格付けし、収穫するお米の安全性をアピールできるっていうものです。

例えば、今日本では食品の安全性がとっても危ないですよね。

特にお隣中国から入ってきた食料なんて危なくて食べられません、僕は。

そして日本国内でも、三笠フーズの汚染米問題を始め、お米っていうのは

驚くほど産地、品種、ブレンド比率の偽装が多いのが現状です。

当てはまる方には申し訳ありませんが、大手スーパーで売っているお米でも信用してません。

これも一つの例ですが、新潟県の魚沼産コシヒカリがとても有名ですよね?

この魚沼産コシヒカリ、

毎年収穫量の30倍の量が出回っています(爆)

どういうことかもうおわかりですよね?

「魚沼産コシヒカリ」って名前で売っているお米の約97%はニセモノですね。

他にも、偽装なんて星の数ほどあります。

つまり、お米になってからは(みんな一緒のような米粒なので)消費者を騙し放題なのですね。

で、そこで水田環境鑑定が出てきます。やっと登場(笑)

お米を作っている田んぼの環境はウソつきません。

どんだけ『無農薬!有機栽培米!』と銘打って販売していても、いざそこの田んぼに入ってみると、

農薬ドバドバ撒きまくり、水路はヘドロたまってる、田んぼには虫1匹おらず、なんてこともありえますね。

田んぼの環境はウソつきません。

そして水田環境鑑定をした田んぼでとれたお米は、その田んぼの水質情報と環境情報をすべてネット上で公開します。棲息動物も全て実際にそこで撮った写真と共に掲載します。

ウソつけないんですよね。

なので、消費者の皆さんはどんな田んぼでどんな人(生産者の顔も出ます)が作ったかわかる=安心できる

お米を買って食べてもらえるという理屈になります(長かった・・・w)

もちろん、水質よし、&環境よしのお米なので、高い付加価値が付き、お米の値段は上がります。

消費者の皆さんには酷な話かもしれませんが・・・・。

これまでどんなお米も一緒くたの値段だったことがおかしいと思って(笑)

ってなわけで、農家再生にも一役買える水田環境鑑定士。

なって後悔していませんし、むしろ色々とできることが増えたのでわくわくしてます。

今後ともご贔屓に(笑)



 

★にほんブログ村ランキングに参加しています★よろしければ↓をクリックお願いします★
 【花ブログ】花と園芸のマメ知識【地域情報】伊賀情報【企業ブログ】農林水産業
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

後ろの6時

Author:後ろの6時

WEATHERNEWS
Twitter @ushirono6ji
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。